借り入れの際に銀行のアプリを使って収入証明書の画像を送信しました

せっかくの有給休暇を充実させて過ごすために旅行へ出掛けることを考えたものの、銀行の預金残高を確認すると肝心の預金が随分と目減りしていて贅沢に使える余裕がありませんでした。しかし、思いきってお金を使って新しい体験をすることで大きな気分転換がはかれますし、その後の仕事にも活かせるかもしれない。そんな思いを胸に、不足している分の金額を銀行で借り入れることにしました。はじめての借り入れだったので全くその方法が分かりませんでしたが、公式サイトを見るとその流れも分かりやすく説明してあり、ウェブ申請ならば店舗に赴くこと無く全ての手続きが完了できることも知りました。そこで自分のスマートフォンから必要事項を申請し、なおかつ専用のアプリをダウンロードした上で身分証明書と収入証明書の画像を撮影。その画像を送信するだけで身分証明書と収入証明書を提示したことになるのです。このようにして簡単に申請が終わり、30分ほどの審査時間を経た後に銀行側から「融資可能です」との回答と、それに伴う融資限度額を伝えてもらえました。この金額の範囲内であれば借り入れができるということなので、私はそこから旅行費用となる15万円を借り入れることを決意。即日中に銀行に振り込んでもらえたおかげで、すぐに旅行の手配もできて充実した有給休暇を過ごすことができました。

一般人のためのお金持ちへの王道
この1年間で、各資産が生み出すお金は、預金が3万円(元本300万円に対して年率1%)、債券2万円(元本100万円に対して年率2%)、株式20万円(元本100万円に対して年率20%)だったとします(実際の預金利率などとは異なりますが、ここでは少し有利な利率設定にしてみ (続きを読む)